※本ページにはプロモーションが含まれています

ポータブル電源はいる?いらない?5つの用途で必要性を徹底検証

  • URLをコピーしました!

※本ページにはプロモーションが含まれています

近年、キャンプなどのアウトドアの需要が高まるにつれてポータブル電源が人気を集めています。

ポータブル電源が気になるものの、本当に必要なのか、どんなときに使えるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ポータブル電源の基本的な情報とともに、ポータブル電源の利用シーンやおすすめのポータブル電源を紹介します。

これからポータブル電源の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ポータブル電源とは?

ポータブル電源は、あらかじめ充電しておくことでいつでもどこでも電力を使えるものです。

スマホの充電用にバッテリーを持ち運んでいる方も多いですが、ポータブル電源はさらに電力容量が高く、さまざまな使い方ができる点が魅力です。

さらに詳しくポータブル電源について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コンセントがない場所で電源を使える

ポータブル電源はコンセントがない場所で電源を使えるのが最大の魅力です。

スマホの充電だけでなく、パソコンやカメラ、調理器具など、電力が必要なアイテムも、ポータブル電源があればいつでもどこでも好きな場所で電化製品を利用できます。

生活に必要なアイテムを不自由なく使えるので、キャンプやアウトドアは面倒、不便と感じている方にもポータブル電源はおすすめです。

持ち運びに便利なものも多い

ポータブル電源は持ち運びに便利なコンパクトなものもあります。ポータブル電源は大型で何十キロもあるイメージを持っている方も多いかもしれませんが、今は女性でも一人で持てる重さ、大きさのものも多いです。

ポータブル電源は電力容量によって大きさが変動します。電力容量が多くなると十キロ以上になるものもありますが、少な目のものを選べば持ち運びやすく、自宅の収納スペースも困りません。

自宅での充電が必要

ポータブル電源は電源がない場所でも使えるのがメリットですが、自宅やコンセントがある場所での充電は必要です。

フル充電しておけば長時間使えるタイプも豊富にあるので、バッテリーのサイクル数を確認しましょう。

サイクル数とは、何回充電して使えるかを示す指数です。低価格でもサイクル数が低いとすぐに使えなくなってしまうので、コスパを考えるならサイクル数が高いものを選ぶことがおすすめです。

容量に応じて使い分けられる

ポータブル電源にはさまざまな容量があり、容量に応じて使い分けが可能です。

キャンプで調理器具やドライヤーなどを使いたい場合は大容量のポータブル電源を選ぶことがおすすめです。

災害時の備えとしても、大容量のポータブル電源があると安心ですね。

一方で、パソコンやカメラの充電、簡単な調理器具の利用であれば、容量が低いものでも問題ありません。

各ポータブル電源の公式サイトには、使用用途が掲載されているのでチェックしてみましょう。

自分がどんなシーンで利用したいかを考えたうえで、最適な容量のポータブル電源を選んでくださいね。

ポータブル電源を利用するシーン

ポータブル電源はどんなシーンで利用できるのかを紹介します。

一つの目的だけでなく、さまざまなシーンで活用できるのがポータブル電源の魅力です。ほかにも、自分で活用できるシーンを考えてみるのもおすすめですよ。

キャンプ

近年人気が高まっているキャンプには、ポータブル電源の利用がおすすめです。

ポータブル電源があれば、コンセントがないキャンプ場でも調理やスマホ、カメラの充電などが可能です。

スクリーンとプロジェクターがあれば、屋外でくつろぎながら映画を楽しむこともできますよ。

屋外で自然を感じながらパソコンで仕事がしたいというときにも、ポータブル電源は欠かせないアイテムです。

フェス

音楽フェスなど、屋外でのイベントでもポータブル電源は役立ちます。

屋外イベントは暑さや充電スポットのなさが困るポイントですが、テントなどにポータブル電源を設置しておけば屋外でも快適に過ごすことが可能です。

ポータブル扇風機やドライヤーを使ったり、調理器具を使って簡単な料理を楽しんだり、ポータブル冷蔵庫でお酒や飲み物を冷やしておくのもいいでしょう。

車中泊

車中泊をする際にもポータブル電源はおすすめです。

キャンプはハードルが高くても、車中泊ならチャレンジしてみたい!と考える方は多いですよね。

車中泊ならポータブル電源を車に置きっぱなしで使えて、充電や家電の利用などが簡単になります。

キャンピングカーで旅をしながら生活したい、長期休暇を楽しみたいというときにも、場所を選ばず電力を利用できるポータブル電源は便利です。

停電したときの電源確保

ポータブル電源を災害時の備えとして用意しておきたいと考える方は多いです。

万が一停電してしまったとき、ポータブル電源を利用できればテレビやラジオで最新の情報を集めたり、スマホを充電して連絡を取り合ったりといった行動が可能になります。

地震や台風による被害が多い日本では、災害時の備えは非常に大切です。

万が一の事態に備えて、ポータブル電源があると安心できるでしょう。

初めてのポータブル電源ならエコフロー!

これから初めてポータブル電源を購入したいと考えている方におすすめなのが、です。

ポータブル電源はさまざまな種類が登場しており、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。エコフローにはどのような特徴があるのか紹介するので、ぜひ選択肢に入れてみてくださいね。

スマホでも簡単に操作できる

のアプリをスマホにダウンロードすると、遠隔でポータブル電源を操作できます。本体ではできない細かな設定もスマホで簡単にできるので、とくにポータブル電源の操作がわからない初心者の方におすすめです。バッテリー残量などもわかるので、車中泊やキャンプなどで長時間利用したい方でも安心です。

定格出力を超えても使える

は、定格出力を超える家電でも利用できる特許技術を利用しています。

ポータブル電源には定格出力があり、基本的にはこれを超える家電を使うと故障などの原因になってしまいます。

ですがエコフローは最新のテクノロジーを駆使しており、定格出力600Wのポータブル電源でも1,200Wの家電まで利用できます。

電気ケトルやドライヤーなど使用電力の高い家電を使いたい方にもおすすめです。

充電時間がスピーディー

は2,000Whの大容量でも、2時間程度でフル充電が可能です。

ポータブル電源は最初に充電しておく必要があり、充電時間が少ないと使えなくなってしまいます。

キャンプに行く朝に充電を忘れていたとしても、準備をしている時間にコンセントにつないでおけばいいだけなので、充電切れを心配する必要がありません。

防災推奨品認証マーク付き

のポータブル電源は防災推奨品対象を受賞した実績があります。

ポータブル電源は災害時の備えとしてもおすすめですが、エコフローのポータブル電源はそのなかでもとくに防災時の備えとして優秀です。

認証マークがついているので、発火や漏電などのリスクも低く、初心者でも安心して活用できるでしょう。

ポータブル電源があれば生活やイベントが快適に!

スマホ用のバッテリーがあればポータブル電源はいらないのでは?と思っている方も多いですが、ポータブル電源は調理器具など、使用電力が大きい家電でも問題なく使えるというメリットがあります。

キャンプや屋外イベントを快適にできるだけでなく、災害時の備えとしても重宝するのが大きな魅力です。

は初めてポータブル電源を利用する方でも使いやすい操作性に優れているので、どれを選べばいいかわからない方にもおすすめですよ。

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次