※本ページにはプロモーションが含まれています

生ゴミは捨てるまでどこに置くのが正解⁉ニオイも虫も発生させない5つの方法とは

  • URLをコピーしました!

※本ページにはプロモーションが含まれています

ゴミの分別は年々厳しくなっており、を捨てるタイミングが限られてしまうこともあります。

ですが、次の収集日までを自宅に放置しているとにおいや虫が気になりますよね。

本記事では、を捨てるまでどこに置くべきか、においや虫を発生させないためにはどんな対策があるかを紹介します。

自宅に置いているのにおいや虫が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

生ゴミを捨てるまでの置き場所

を収集所に捨てるまで数日ある場合の置き場所を解説します。

自宅の環境に合う置き場所を考えましょう。

キッチンのゴミ箱

一般的なの置き場所は、キッチンのゴミ箱です。

食品を取り扱うキッチンではが発生しやすく、その分大き目のゴミ箱を用意している家庭も多いでしょう。

蓋つきのゴミ箱があれば、次のの日までの置き場所に最適です。

ただし、の量が多くなるとキッチンのゴミ箱に入りきらなくなるため、別の置き場所を考える必要があります。

ベランダ

キッチンのゴミ箱に入りきらないは、ベランダに置いておく方法もあります。

ベランダなら室内でのにおいに悩まされる心配がなくなります。

一方で、よく日が当たるベランダの場合は雑菌や虫が繁殖しやすくなります。

洗濯物ににおいが移る、近隣住民ににおいの被害が出るなどの可能性に注意しなければなりません。

戸建てで庭がある場合は、庭にを出しておくことも可能です。

ベランダと同様、室内でのにおい対策として有効です。

ただし、庭での洗濯物ににおいが移ったり、ガーデニングが害虫の被害にあったりする可能性があることを考慮しましょう。

庭の景観が損なわれるケースもあります。

ゴミ捨て場

毎日使えるゴミ捨て場がある場合は、曜日を気にせずにを出すことが可能です。

大きいマンションやアパートでは毎日ゴミ収集に来てくれるので、自宅に置いておく必要がありません。

ただし、ゴミ捨て場がない戸建てやアパートの場合は室内やベランダ、庭などに置いておかなければなりません。

引き続き、以下で紹介するのにおいや虫の対策を取り入れましょう。

生ゴミを置いている間のにおい対策

を捨てるまでに自宅に置いておくと、においが気になりますよね。

気になるにおいを防ぐためにできることを、早速取り入れていきましょう。

蓋つきのゴミ箱に入れる

ゴミ箱を蓋つきのタイプにすることで、室内のにおいを防ぐことが可能です。

蓋つきのゴミ箱はにおい対策だけでなく虫対策にもなり、家庭内でのの問題を解消してくれます。

キッチンで使いやすいようペダルで蓋を開閉できるもの、ゴミ袋をひっかけやすいものなどがあります。

日々の使い心地をイメージしながら、最適な機能、容量の蓋つきゴミ箱を選びましょう。

消臭剤を使う

消臭剤を使えば、の気になるにおいを解消できます。

ゴミ箱用の消臭剤も多く登場しており、ゴミ箱に貼り付けるだけ、ひっかけるだけなど、便利なアイテムを選ぶことが可能です。

消臭剤のなかには虫が嫌がる成分が含まれているものもあり、虫対策としても効果的です。

消臭剤は定期的に取り替える必要がありますが、蓋つきのゴミ箱でもにおいが気になる場合に効果的です。

新聞紙に包んで捨てる

を新聞紙に包んで捨てると、においが気になりにくくなります。

新聞紙は水分を吸い取るだけでなく、においを吸収する作用もあります。

三角ボックスのなど、水気を多く含むゴミを捨てる際は新聞紙に包むひと手間を加えてみましょう。

お茶やコーヒーと一緒に捨てる

お茶やコーヒーの出がらしには消臭効果があり、のにおい対策に効果的です。

日々飲んでいるお茶やコーヒーの出がらしは、と一緒に包んで捨てるとにおいが気になりにくくなるでしょう。

においを防ぐために、ゴミ箱にコーヒーの豆を入れておく方法もあります。

処理機を使う

のにおいや虫がどうしても気になる、ベランダや庭に出しておけない方には、処理機がおすすめです。

専用の処理機は、入れるだけで水分をとる、殺菌するなどの効果を発揮してくれます。

においだけでなく虫の対策にもなり、の日にまとめて捨てればいいだけなので処理の手間もかかりません。

処理機はかつては高額で大型のものがメインでしたが、近年は家庭用のコンパクトなものも多く登場しています。

室内でのにおいや虫を減らして少しでも快適に生活するために、処理機の導入も検討してみましょう。

生ゴミのにおいが気にならない処理機ならナクスル

の気になるにおいを解消してくれるのが、家庭用処理機のナクスルです。

世界五か国で15万台以上販売された実績があり、多くの家庭で愛用されています。

ナクスルのメリットを紹介するので、これから処理機の導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

生ゴミのにおいが気にならない

ナクスルは、のにおいの原因となる雑菌の繁殖を大幅に抑えてくれます。

処理機にを入れるだけで勝手に処理してくれるので、特別な手間はかかりません。

電源も入れっぱなしでOKなので、毎回ボタンを押す手間も不要です。

ナクスルに取り入れられているバイオ材は、半永久的に使用できるため、一度購入すれば長く使い続けられる点も魅力です。

静音でキッチンに置いても気にならない

ナクスルはを入れたときにだけ作動し、音も小さいためキッチンなど室内に置いても騒音に悩まされる心配がありません。

質の悪い処理機は処理のたびに大きな音が鳴って室内でのストレスになってしまいますが、ナクスルならその心配がないのが魅力です。

小さい子どもがいる、家族の生活スタイルにバラつきがあるなどの家庭でも、気にすることなく処理機を使い続けることが可能です。

消費電力が少ない

ナクスルは、一般的なの処理機と比較して消費電力が半分以下です。

独自の省エネ機能が搭載されており、使用していない時間は自動で電力をカットしてくれます。

処理機のなかでももっとも消費電力が高い乾燥式と比べると消費電力は半分以下です。

乾燥式より省エネ効果が高いといわれているバイオ式よりも、ナクスルのほうが消費電力が小さいというデータもあります。

処理機を使って気になる生ゴミのにおいとサヨナラしよう

ゴミの分別は地域によって厳格に定められており、ルール違反をすると近隣トラブルに発展しかねません。

を出す日もきちんと守る必要がありますが、ゴミの日まで自宅にを置きっぱなしだとにおいや虫が気になりますよね。

ベランダや庭に置くなどの方法も一時的な解決策にしかならず、においや虫対策を根本から考えることはできません。

ナクスルのような家庭用ゴミ処理機を使うことで、室内でも簡単にのにおい、虫対策をすることが可能です。

コンパクトかつ静音で、消費電力も少ない家庭用ゴミ処理機を導入し、家庭内でのゴミ問題を解決しましょう。

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA


目次